資格取得を目指そう【貿易事務のエキスパートとして証明される】

貿易に携わる仕事

女性

長く続けられる

貿易に携わる仕事が貿易事務です。貿易事務は人気のある職業ですが、一方でその仕事の範疇は幅広いものです。一般的に貿易事務の仕事は、商社やメーカーなどの輸出入に関わる業務を行うことを指します。商社やメーカーの貿易部門で働くほか、貿易に関する業務を請け負っている会社などに勤める場合もあります。貿易事務の仕事としては、輸出に関わることと輸入に関わることで手続きが若干変わってきます。輸出の場合には輸出通関書類の作成、通関手配、運送便の手配、L/C(荷為替手形に付く信用状)買付けなどです。輸入に関しては、輸入通関手配のほか商品の納入管理、関税納付や消費税納付などになります。貿易事務として働く場合には、少なくともビジネス英語が出来ることが条件です。理由としては貿易の共通語として使われているのが英語のためです。このため資格としてはTOEICが600点以上あることやビジネス英語検定の資格を有していることを募集条件としている場合もあります。一方で貿易に携わること自体には特別な資格は不要です。通関士という国家資格がありますが、貿易事務として勤めるだけであれば要りません。あくまでも貿易事務の仕事は輸出入に関する書類の作成や商品の受け渡しための手配を行うものになります。もちろん、通関士の資格があれば就職に有利ですし、民間資格の貿易実務検定の資格を有していれば仕事を覚えやすいメリットがありますが、英語が出来るという理由から、入社後に貿易事務に携わるといったケースもあります。

Copyright© 2018 資格取得を目指そう【貿易事務のエキスパートとして証明される】 All Rights Reserved.